Oss4art・トーク:Copyrights

提供: Oss4art
移動: 案内検索

ここではライセンスの変更について議論します。じゃんじゃん書き込んでください。

ライセンスの変更についての経緯

現在 Oss4Art の記事は、Oss4art:Copyrightsで示されるように Creative Commons の Attribution-ShareAlike 2.5 (ccWiki) の下で公開されています。しかし、同じ記事もしくは改変したものを他の(フリーな)ライセンス下で配布するのが困難であること、また記事中のソースコードの転用について明確に規定されていないとの指摘を受けています。また、Attribution-ShareAlike 3.0 が公開され、2.5 は廃止されました。これを受け、ライセンスの見直しを考えています。--Kentaro Fukuchi 2007年3月7日 (水) 06:21 (JST)

2011年1月5日に、oss4art の移転を機に 3.0 へのアップグレードを行いました。--Kentaro Fukuchi 2011年1月4日 (火) 18:11 (UTC)

どんなライセンスが好ましいか

Attribution-ShareAlike 3.0 では、

Share Alike. If you alter, transform, or build upon this work, you may distribute the resulting work only under the same, similar or a compatible license.

とあるように、「同一または似たようなあるいは互換性のある」ライセンス下で配布できるとしています(実はオリジナルの2.5でもそうだった。日本語版では「同一の」とだけ書かれていた。3.0の日本語版はまだこの項がちゃんと訳されていない。(creative commons: 表示-継承 3.0 一般) 特に異論がなければ、単に 3.0 を改めて採用するのが好ましいのではないかと思いますが、日本版がまだ正式には策定されていないのが気がかりと言えば気がかりです。

記事中のソースコードについては判断が難しいところです。ほとんどがサンプル程度のものでしょうから、Public Domain 扱いにしたいところですが、 どこでそれを宣言するか、まだ考えていません。--Kentaro Fukuchi 2007年3月7日 (水) 06:21 (JST)

ライセンスの変更作業について

幸いに、というべきか、ほとんどすべての記事は福地が書いたものなので、移行作業については問題ないものと考えています。 また、仮に 2.5→3.0 という移行であれば、ライセンスの規定により無条件での移行が可能になっています。--Kentaro Fukuchi 2007年3月7日 (水) 06:21 (JST)